ABOUT AHS

福利厚生・ダイバーシティ

AHSは朝日新聞社が100%出資する朝日新聞社のグループ企業なので、安定した経営基盤のもと福利厚生が充実。
育児中の社員が働きやすい制度や多様な人材を積極的に活用するダイバーシティも推進しています。

福利厚生

社会保険完備
朝日新聞健康保険組合・厚生年金保険・雇用保険・労災保険
制度
退職金制度、財形貯蓄制度
半日休暇
午後2時を境に午前・午後の半日休暇、1ヵ月4回まで
失効年休積立
使用できなかった有給休暇を60日限度に積み立てができます
長期の病気療養や家族の介護が必要なときに使用できます
宿泊補助
国内及び海外のホテル・旅館での宿泊に対する補助、年に2回まで
従業員本人(3千円)及び同行家族1人(2千円)までが対象
施設

朝日新聞健康保険組合の施設(保養所、フィットネスルーム)や朝日新聞社内の診療所、社員食堂が利用可


人間ドック補助
人間ドックを受診した場合、5千円を限度に補助
インフルエンザ
予防接種補助
インフルエンザ予防接種を受診した場合、2千円を限度に補助
新聞購読料補助
朝日新聞の購読料を補助
産前産後休暇
産前産後合わせて14週間(多胎児妊娠の場合は22週間)休暇を取れます
配偶者出産休暇
妻の出産時に1日休暇を取れます
育児休業
原則として子どもが満1歳に達するまでの間、休業できます
子の看護休暇
小学校就学前の子どもの病気、けがの看護の為の特別休暇、1年間に5日、子どもが2人以上の場合1年間に最長10日まで(半日単位での取得も可)
短時間勤務
育児:子どもが小学校6年生まで勤務時間1時間の短縮を認めています(例 10:00~17:00)
介護:要介護状態にある家族を介護する社員は、勤務時間1時間の短縮を認めています(例 10:00~17:00)
繰上げ勤務
育児:子どもが小学校6年生まで始業および終業時刻の30分繰上げを認めています(例 9:30~17:30)
介護:要介護状態にある家族を介護する社員は、1年以内の期間、始業および終業時刻の30分繰上げを認めています(例 9:30~17:30)

介護休業
要介護対象家族1人につき、通算93日まで(3回まで分割取得可)
介護休暇
要介護状態にある家族を介護する社員に対する特別休暇、1年間に5日、要介護対象家族が2人以上の場合1年間に最長10日まで(半日単位での取得も可)

サークル活動補助
会社が認めたサークルに対して一人当たり年間5千円の補助
永年勤続特別慰労旅費・休暇
勤続10年、20年、30年ごとに慰労旅費と休暇を支給

ダイバーシティ

女性の管理職

(管理職者21名の内、女性5名)
※2018年2月現在

60歳定年後の
再雇用の取り組み

定年退職者の内、
再雇用希望者における再雇用率